本人確認とは個人情報の確認でもある

消費者金融のローンの本人確認とは、個人情報を確認するものです。
どのような種類のローンでも、借入前には必ず審査があるでしょう。
審査のときは個人情報の入力を求められるので、これ自体が本人確認だと考えていいです。
もし確認作業がなければ、融資をするに相当する相手なのか判断できません。
運転免許証などの身分証明の提出を求められるのは、審査内容に嘘・間違いがないか確認するためです。
もし間違いに気がついた場合は、審査書類を提出後に消費者金融に連絡して訂正してもらいましょう。
ほとんどの業者は、審査書類の提出後に電話をしてきて、間違いがないか聞かれます。
間違いや空欄が多いと審査に通らない可能性があるので、審査後に訂正しておきましょう。

本人確認なしのサラリーマン向けローンは存在しない

消費者金融のローンは、サラリーマン向けローンとして誕生しました。
現在は正規・非正規雇用を問わずに融資されていますが、本来は会社員を対象とするローンだったのです。
本人確認なしのローンは存在しないため、探しても見つかることはありません。
これは大手の消費者金融はもちろん、地元の小さな街金にも言えることです。
闇金すら本人確認なしはありえないので、金融機関や借入額の大小に関係なく確認作業はあると考えましょう。
本人確認書類として使えるのは運転免許証、健康保険証などです。
住所がある以上、必ず身分証明となるものを所有しているはずです。
不正をして借りる状況を除いて、身分証明書の提出を求められて困ることはないでしょう。